後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料についてご説明いたします。

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料について交通事故による怪我の治療を継続してもこれ以上症状の改善が望めない状態で、身体に残存している障害のことを後遺障害といいます。

交通事故の被害者が後遺障害を負った場合には、後遺障害を負わされたことにつき、被害者は後遺障害による慰謝料を請求することができます。

裁判所においては、一般的に、後遺障害の重さである後遺障害の等級を基準として、後遺障害慰謝料の基準をもうけています。

ただし、この基準額は一応の目安であり、それぞれの事案ごとの個別的な事情に応じて、慰謝料額の調整がなされることがあります。

後遺障害等級と後遺障害慰謝料

第1級 2800万円 第8級 830万円
第2級 2370万円 第9級 690万円
第3級 1990万円 第10級 550万円
第4級 1670万円 第11級 420万円
第5級 1400万円 第12級 290万円
第6級 1180万円 第13級 180万円
第7級 1000万円 第14級 110万円

後遺症の慰謝料でご質問のある方も、ぜひ弁護士に一度ご相談ください

東京の交通事故弁護士の無料相談の予約

最近の依頼者様の声

依頼者の声

最近の当事務所の解決事例

最近の当事務所の解決事例

このページの先頭へ

inserted by FC2 system